鯛とじゃがいものオーブン焼き

鯛とじゃがいものオーブン焼き
調理時間

50

エネルギー

503kcal

塩分量

0.90g

エネルギー・食塩量は1人分の値です

じゃがいもは肉料理の付け合わせというイメージがありますが、南イタリアでは、白身魚と組み合わせるのが定番です。
最初に、じゃがいもを蒸し焼きにしてしっかり火を通し、鯛は火を入れすぎないのが、美味しさを引き出すポイントです。

材料

2人前

じゃがいも 2個
白ワイン 大さじ1・1/2
オリーブオイル 大さじ2
適量
(切り身) 2切れ(大きめの場合は半分に切る)
チェリートマト(ミニトマト) 5個(半分に切る)
タイム 2枝
オリーブオイル 大さじ2
エキストラバージン オリーブオイル 適量
イタリアンパセリ(みじん切り) 適量

下準備

・鯛は塩(分量外)をふって、20~30分くらいおく。
・オーブンの予熱を入れる(200℃)。

作り方

1

じゃがいもの皮をむき、厚さ5~6mmの輪切りにする。

2

天板にじゃがいもを並べて、ひたひたの水(分量外)を注ぎ、白ワイン、オリーブオイル、塩をふって、200℃のオーブンで10~12分間焼く。

3

2のじゃがいもの上に、鯛、トマト、タイムをのせ、オリーブオイルをかける。オーブンの温度を220℃に上げて、8~10分間焼く。

4

器に盛り、エキストラバージンオリーブオイルをかけて、イタリアンパセリをふる。

One Point

・じゃがいもは竹串がすっと通るまで、完全に火を通しましょう。 オーブンによって加熱時間が異なりますので、レシピの時間を目安に、焼き時間を加減してください。
・レシピでは鯛を使いましたが、たら、スズキなど、白身の魚であれば美味しく作ることができます。

監修:ピッツェリア パルテノペ 渡辺シェフ

関連特集